垂水センター街の内科・リウマチ科 いちせ内科リウマチクリニック|リウマチのこと

TEL078-704-2211
診療時間・アクセス
いちせ内科リウマチクリニックロゴ

リウマチ

Rheumatoid arthritis

いちせ内科リウマチクリニックホーム > リウマチ

縦棒

リウマチについて

関節などの痛みに対して、問診、視診、触診を大切にし、血液検査、レントゲン検査、エコー検査
などを組み合わせて、多角的に診察いたします。

リウマチとは

「リウマチ性疾患」とは、関節や筋肉などが痛む病気の総称です。

リウマチ性疾患には、関節リウマチ、変形性関節症、リウマチ性多発筋痛症、痛風、偽痛風など種々の病気が含まれます。
中でも代表的な病気である「関節リウマチ」のことを“リウマチ”と呼ぶことが多いですが、それ以外の病気も含めていることもあります。
また、免疫系が異常を起こして自分自身の体を攻撃してしまう病気である膠原病も、関節痛や筋肉痛などを伴うことも多く、リウマチ性疾患に含まれます。

リウマチとはのイメージ写真

リウマチの診断

リウマチ性疾患の診断は、難しいことが少なくありません。

例えば関節リウマチですが、主な症状は、関節の痛みや腫れ、朝のこわばりなどですが、他の病気でも似た症状を示すことは多くあります。
関節リウマチの症状は左右対称に複数の関節に出ることが多いですが、特に発症早期は片側のみであったり、少数の関節にしか出なかったりすることもあります。
血液検査では、リウマトイド因子や抗CCP抗体の測定は重要ですが、両者が陰性でも関節リウマチであることや、逆にいずれかあるいは両方が陽性でも関節リウマチではないこともありますので、その判断には注意が必要です。
血液検査だけではなく、病歴や視触診が大切で、そこにレントゲン検査やエコー検査など多角的な検査を組み合わせて診断していきます。また、すぐには診断がつかないこともあり、その場合には慎重に経過をみていく必要があります。

リウマチの治療

治療は単に鎮痛剤を処方して終わりという訳にはいきません。

例えば関節リウマチでは、腫れや痛みを和らげるとともに、関節の変形を抑える治療を継続していく必要があります。病気の活動性の指標として、血液検査で炎症を反映するCRPなどは重要ですが、これだけでは不十分です。患者さんご自身の自覚症状や触診、エコー検査、レントゲン検査などでの評価も大切です。

 

また、どのようなお薬でも多かれ少なかれ副作用のリスクがあります。
リウマチ治療のイメージイラスト効果の面だけではなく合併症の面からも、それぞれの患者さんにおいて、その時々の状態に合ったお薬の選択や調整を常に検討していく必要があります。

ページトップへ